スジ.・イドリィでお昼ごはん~2021年5月16日(日)

今日は,スジ・イドリィを作って,お昼ごはんに。


◆スジ・イドリィ
◆ココナッツチャトニ
◆ベジタブルクルマ

イドリィを久しぶりに作ろうかと思ったのですが,南インドの作り方だと非常に手間がかかります。

前にデリーに行ったとき,北インドの人達もイドリィを食べるようで,スジというセモリナ粉を使ったお手軽な作り方を教えてもらいました。

米の代わりに,セモリナ粉。そして,発酵させずに,ENOというフルーツ味の重曹みたいなものを使って膨らませるやり方です。

これは,初トライですが,それらしくできました。

付け合わせのココナッツチャトニも作りましたが,サンバルを作っている余裕はないので,通販で買った冷凍のベジタブルクルマと一緒に。

イドリィは,写真に写っているほかにも,もう一つ食べたので,結構,お腹にたまりました。

やっぱり,セモリナ粉で作るのと,米で作るのでは,感じが違いますが,これは,スジ・イドリィという別物なわけで,仕方ないです。

 

昨日,インド料理を食べたせいで,インド料理を作りたい熱がわき上がり,さきほどまでいろいろ作ってました。

明日のお弁当です。

当初,鶏むね肉を挽肉にして,キーマカレーにしようと思ったのですが,フープロで肉を挽きすぎてしまい,固形が残らない感じに。

どうしようかと思い,急遽,コフタカレーにすることに。

コフタというのは,団子,というような意味です。

以前,ベジタリアンタイプの,ほうれん草のコフタカレーは作ったことあるのですが,肉で作るのは初めて。

インドの人が公開しているレシピを探して,悪戦苦闘して作りました。

インドの人のレシピで,トマト1個とか,たまねぎ1個と書いてあっても,日本のものと違って,サイズが小さいので,日本サイズに換算するとどれくらいになるのかよく分からない。

そもそも,1カップがどれくらいなのかも不明ですが,たぶん,インドで一般的なのは,250ミリリットルのはず。ただ,ほかの数値だったりすることもあるので,参考にしたレシピがどれくらいの量を指すかの不明。

一応,250ミリリットルなのだろう,という前提で。

そのレシピでは,鶏むね肉が一つ,と書いてあったのですが,インドのニワトリは,日本と同じくらいなのか,良く分からない。

自分は,むね肉2枚を使ったので,このレシピより肉の量が多い。

というわけで,肉の量に合わせて,ほかのものも約2倍にし,日本だとこれくらいの量,みたいのを適当に決めながら作りました。

とても時間がかかりましたが,味は,すごくいいのができました。

辛過ぎる点を除けば,初めて作ったにしては,上出来で,明日のお弁当にすることにしました。

あれこれ作っていると,あっという間に時間がすぎます…。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村