回転寿司で晩ごはん~2022年10月21日(金)

金曜日、仕事が終わってから駅でおみやげを買いました。

結局、いずののちくわセットと、牡蠣のオリーブオイル漬け。

そのあと、駅で晩ごはんを。

評判の良い回転寿司に行きました。いつも大行列なのですが、たまたま並ばず入れました。

最初は、鯛の昆布〆め。

海老は写真撮り忘れましたが、蒸し牡蠣の軍艦、中とろなど、いろいろ食べました。

途中に食べたたまご焼きが、ほかほかで美味しかった。

 

紅ズワイガニの握りも。

最後、チー坊のミルクゼリーというデザートものが気になって、食べてみました。

チチヤス(広島では有名な牛乳の会社)のミルクが使われているのかな?

素朴な味わいで、なんだか昔懐かしい気分になりました。

非常に満足度の高い晩ごはんでしたが、お会計をしたところ、安くてびっくり。

日本は、安い国になってしまったと、少々、悲しい思い。

この日は、カウンターに体格の良い男性白人とその家族みたいな人たち計5人ぐらいがいましたが、みんなうずたかくお皿を積んでいました。

男性陣で一人20皿以上、ひょっとすると30皿?ぐらいの高さでしたが、それだけ食べても、今の超円安、ほとんどお財布の痛まない値段なのだろうなと思います。

日本は、クオリティの高いものが安すぎる。

みんなが安いものを求めすぎて、最終的には、品質を落として売ることになってしまうから、悪循環ですね。

たまたまの円安ではなく、バブル崩壊後、国力がどんどん落ちている、つまり、価値を生み出せなくなっている国になっているのだなあと改めて思いました。

じゃあ、どうするのか?

この前、わが社の若手が会議の中で、自分の至らなかったことを、あれやっていない、これやっていない、と言われると気持ちが沈むだけなので、その若手は、自分が何かを言うときは、それはそれとして、じゃあ、どうしたらいいのか、というような建設的なことを言うように心がけている、と言っていました。

これを聞いて、そのとおりだ、と我が身を振り返り、反省することも多々あり。

若手から学ぶことは多いです。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ